不動産を売りたい方

適正価格を評価

 

売る時は少しでも高く、買う時は少しでも安くというのが一番なのですが、当社としてはお客様にオーバーな調子のいい話をしたくない!と思っております。

本当のこと、酸いも甘いも様々なことをお話しさせていただき、じっくり進めていくことを基本として、売買のお手伝いをさせて頂ければと思っています。

 

適正に評価して偽りのない金額を提示し、それに伴ったお客様のご要望に寄り添い売買の方法をご提案いたします。

 

 

築年数が古い建物

 

30年以上経つマンションや、40~50年以上経つ一戸建てなどの場合は、設備も古く気密性も低くなってきているのがほとんどです。

また、このまま売却しても、雨漏りや設備不良など後から出てくる問題も結構あるものです。

売却するのに時間がかかるかもしれません。

 

そのような場合には、リフォームしてからの売りに出す事をお勧めしたり、戸建であれば更地にしてからの方が早く売れることもあります。

それぞれリフォーム代や解体費用がかかってしまいますが、なかなか買い手がつかない場合にする方法としての手段の一つです。